インターネットの進化によって、色々な種類のSNSが生まれました。最初はライフスタイル全般をカバーするSNSが主流でしたが、次第に、特定分野特化型のSNSが登場するようになりました。その中で異彩を放っているのが不倫サイトと呼ばれる出会いサイトです。

不倫サイトと言えば最近メディアで話題になっているアシュレイマディソン。不倫を推奨するようなキャッチフレーズで大きな議論を巻き起こしました。不倫掲示板内では一般的にポイントを購入。購入したポイントで異性とメッセージ交換をしたり、他のメンバーより目立つようにする機能を付けることができます。

不倫サイトでは既婚者が不倫をすることを前提に来ているので、目的がぐっと絞られています。あとくされのない身体だけの関係、割り切りといった目的の人が多いようです。やはり、既婚者同士、家庭を持っていればこその事情を理解しているからでしょう。

アシュレイマディソンはサイトを利用するにあたって会員登録は無料ですが、海外発祥のSNSだけあって用語にとっつきにくさがあったり、入会者審査がないためサクラなどが多いといわれています。その点、日本発祥の不倫サイトだと安心感がありますね。そんな不倫サイトはこちら。

不倫サイトは関係改善の奥の手

不倫に対する世間のイメージはさまざまですが、やはり否定的な意見が目立ちます。これは当然です。ですがあなたが現在のパートナーに満足できなくなったとき、けれど、現在の家庭をどうしても壊したくないとき、どうするのでしょうか。多くの人はそこで気持ちを押さえます。

一時の疑念と信じて、現在のパートナーを見つめ直します。普通はそうすることで何とな成るのですが、そうならないケースもあります。そういった場合、別のパートナーを探しに行ってしまうのです。今では不倫サイトといったサービスができ、このような悩みを持つ人の助けとなっている側面があります。

不倫サイトで有名なのはアシュレイマディソンと呼ばれるサイト。最近メディアにも大きく取り上げられ、話題になりました。このサイトは海外カナダ発祥で、不倫をすることで現在のパートナーとも関係を改善できるとうたっています。

たしかに、他のパートナーと交わることで現在のパートナーの魅力を再認識する場合もあるかもしれません。このように、パートナーとの関係改善の奥の手として使われている不倫サイトですが、国内業者が提供するSNSも内容が充実してきているようです。たとえばこちらのサイトです。

不倫だからこそ心に余裕を持とう

不倫サイトや不倫掲示板などに登録して、順調に不倫関係を継続していれば、例え孤独な時間があっても幸福感を得る事は出来るでしょう。しかし、時が経てば不倫相手に対する不満や心境の変化は必然的に起きてきます。

不倫中に相手を信じる事が出来なくなる、あるいは自分一人で悩みを抱えてしまうとその感情はどんどんと暗さを増していきます。
次第に相手の言う事が何も信じられなくなり、相手に対して攻撃的になり結果として修復不可能な関係のねじれが発生します。通常の恋人関係であれば、早い段階で悩みを友達に打ち明けたりすれば気持ちは楽になります。

何か効果的なアドバイスをくれるかもしれません。相談するだけでも頭は冷静になっていきます。
実際悩みを相談する事自体が悩みを解決する一つのプロセスだとも言えます。頭が冷静になり感情が整理できれば意味の無い不信感は消え去ります。不信感は人間関係を破綻させる第一の原因です。信じてもらえない相手を信じる事は誰にも出来ません。

少しの間は我慢できるかもしれませんが、相手の不信感が強すぎると良好な関係を維持する事は不可能です。それは不倫関係の破局へと繋がります。不倫をする以上、普通の交際よりも心のキャパシティは広げなくてはなりません。もちろん全てを許してしまうと勘違いされるので注意は必要です。

不倫は一般的には悪い事に違いありませんが、誰かを好きになるという好意それ自体は素敵な事です。ですが、自分この幸福の陰に誰かの不幸が隠れている事も決して忘れてはいけないと思います。

不倫だから自分は一番目にはなれない

不倫サイトで出会ったこれから関係を深める不倫の相手に対しても、相手の立場を理解することがとても大切です。不倫なのですから、多くの場合、当然、家庭があるわけです。

ですから、独身相手と付き合っている場合とは違い、家にいるときに、頻繁にメールのチェックをしたりできないことも理解してあげなければなりません。
返事が来ないからと苛立って、何度もメールをしたりすると、相手の家族に、「何かあるのではないか?」と疑われてしまうことでしょう。相手の立場のこともきちんと考えて、連絡が来ないからといって、相手を責めたりしないように注意しなければならないようです。

不倫の相手との関係は、あくまでも割り切った関係でなければなりません。できれば、連絡をしてはいけない時間帯やタイミングなども、ある程度、気にかけてあげるようにした方が良いでしょう。

不倫相手とは言え、付き合っているうちに情が湧いてしまい、相手の家族に嫉妬してしまったり、もっと自分の方を向いて欲しいと感じてしまうことがあるかもしれません。もし、相手が、家族より、自分のことを大事だというようなことを言ったことがあったとしても、あまり、相手の家族に深入りはしないのが賢明でしょう。

不倫であるということは、常に自分は相手の家族の次であるということを意味します。もしできれば、一緒にいない時間帯は、不倫相手は、完全に他人!という位に考えられるようになれば、相手のことを考えて患わせられることもないでしょう。不倫をするからには、相手の家庭を壊してはいけません。

相手の家族を傷つけなければ、自分自身がボロボロになってしまうこともないでしょう。あくまでも、割り切った大人の関係であることを、常に念頭において置くのが良いようですね。

不倫には悪意の利用も必要

不倫中の心配事は色々ありますが、将来への不安が一番大きいのではないでしょうか。

もし、自分が既婚者であれば、不倫相手から別れを告げられても元の生活に戻るという、割り切った考え方ができますから、バレなければ大して不安になりません。しかし、相手が既婚者であった場合、話は別です。

いつ相手から別れ話を持ち出されるか、心のどこかで不安を抱えていなければなりません。不倫サイトや不倫掲示板を利用して出会ったなら尚更心配になるかもしれません。それだけでなく、不倫関係を持続するためとわかっていても、既婚者はクリスマスなど特別な日は家庭を優先します。自分のことを考えてくれているのは理解できても寂しいものですよね。ともあれ、不倫は必ず別れがやってきます。

理由は様々です。相手の愛情が薄れたり、周囲にバレてしまったりなどです。ただし、相手に家庭があることを承知で愛してしまったのですから、自分から別れ話を持ち出すケースはあまりありません。ここが問題です。いくら相手のことを慕っていても、実は相手にとって「都合のいい不倫相手」としか思われないのです。

これが積み重なると救いようのない事態になってしまいます。そこで、本心でなくてもちょっとした悪意を利用してみることも有効です。本当は誰からもアプローチされていないのに、他の異性からアプローチされていることを、それとなく口にしたり、服装を変えてみるのです。

「この前、会社の人から脚長いねって言われてからパンツにするようにしたの」と相手が聞いたらどう思うでしょう。おそらく「誰かに誘われているだけでなく、まんざらでもないようだ」と自分に気持ちを戻そうと必死になるでしょう。こういったことも良好な不倫を継続させる一つのコツです。

不倫にもテクニックが必要

不倫に関連する話題に最も強いのは不倫サイトです。現在不倫中の人やこれから不倫が始まりそうな方が不倫サイトへと集っています。不倫にまつわる悩みや疑問があるなら、まずは不倫サイトで相談するのが一番おすすめです。不倫サイトですから当然ながら不倫相手の検索もできます。

一言で不倫とは言いますがその形は千差万別です。相手が既婚者の場合、不倫関係が長期間に渡れば自然と状況は苦しくなっていきます。もちろん始めは少しでも会えれば幸せだったと思います。しかし、時が過ぎるにつれて次第に孤独感の方が強くなっていきます。

そういった状況になればもっと一緒にいてほしいとアピールするか、本妻と離婚して自分と一緒になって欲しいと訴える他ありません。不倫の後に結婚至ったカップルも沢山いますが、成功率で言うと決して高くはありません。不倫は社会的には悪です。
その後にちゃんと結婚できたとしても周囲から暖かく祝福される事は望めません。

本当に好きになった異性が偶然にも既婚者だった、それが不倫の真実の姿かもしれませんが周囲に理解を得る事は難しいと言いざるを得ません。不倫という事実には永遠に孤独と偏見が付き纏います。

もちろん不倫交際のままでいいならそれほどの困難は待っていません。私の個人的な意見ではありますが、不倫をやるなら相手には期待しない方がいいと思っています。きっとその方が自分も幸せでいられるはずです。期待値をゼロまで近づければその時々の一つ一つの出来事で十分に幸せを感じる事ができます。

現実問題として不倫は本気になった側が不利です。なのでもし不倫から結婚しようと思うのであれば自分ではなく相手を本気にさせる事が肝心になります。
不倫サイトでは相手を本気にさせるテクニックも沢山紹介されているので参考にしてみてはいかがでしょうか?

不倫サイトでアドバイスを受け冷静になる

不倫といっても、うまくいっている不倫もあれば、どんどん病んでいく不倫もあります。不倫サイトには、毎日様々な悩みごとや相談事が舞い込んできます。経験者がアドバイスしてくれたり、親身に話を聞いてくれたり。

ある女性は、家庭のある男性と恋に落ち、いけないこととわかっていながら関係を断ち切れないままでいました。きっかけは飲み会で、酔いつぶれてしまった女性を介抱しているうちになんとなくホテルに行ってしまったようです。

女性の方は酔った勢いもあって、一晩限りの関係だろうと思っていたのですが、その後も男性から食事に誘われ、だんだんと相手を意識するようになっていたようです。付き合って欲しいと言われた時は、天にも登る気分でしたが、すぐに現実に引き戻されました。男性には家庭があり、子供もいるということでした。

どうして、そのことを黙っていたのか腹が立ちましたが、男性は自分の気持ちに嘘はないと押し切られ、特定の相手もいなかった女性はそのまま不倫を続けることになったのです。その内に、心と身体のバランスが崩れてきて、相談する相手を探して不倫掲示板に登録したのです。

そこで、いろいろな不倫の経験や体験談を聞いたりしているうちに、だんだんと冷静になっていきました。思い返せば、女性はいつも男性のペースに合わせてばかりで、自分が会いたい時には会えていませんでした。そうやって考えていくと、結局は都合のいい女でしかなかったのかもしれない。

そう気付いた女性は不倫関係を終わらせることにしたのです。鳩が豆鉄砲を食ったような顔をしていたと、別れ話を切り出した時の男性の様子を表現していました。不倫サイトがなかったら、今でもズルズルと男性と付き合っていたかもしれません。時間は取り戻せませんから、早めにリセットできたよかったと思います。

不倫相手との昼間のデート

不倫専用の出会い系サイトで、ステキな女性と出会うことができました。とは言っても、相手は不倫ですが、自分は独身で自由の身です。相手とは立場が違うので、その辺を理解してあげなければと思っています。

そうではないと、一方的に、どうしてメールを送ったのに返事が来ないのだろう?とか勝手に思ってしまって、そんな理由で相手を責めてしまったら、大変だからです。
何しろ、不倫相手の女性は、結婚して2年で、まだお子さんはいないため、自由はあるようですが、夜は旦那が家に帰ってくるので、なかなかメールを書くのさえ難しいようです。

特に留守がちの旦那というわけではないようなので、なぜ、彼女が不倫相手を探しているのかは不明ですが、何らかの事情があるのでしょう。
その辺に関しては、不倫の場合、相手から語ってきたとでも言うのでなければ、あまり、こちらから根掘り葉掘り聞くのはやめておいた方が良いのではないかと思います。

ただ、彼女の家は、私の家からはそれ程、近くはないのですが、私の職場とは近いので、私が営業をしていることもあって、お昼休みに積極的に会おうと試みたのが良かったのか、比較的、すぐに会えることになりました。会って驚いたのですが、その女性はとてもキレイな女性でした。

また、不倫をしそうには見えないくらい、とても清楚な感じの女性で、メールでやり取りしているときのイメージそのままでした。本当に、なぜ、彼女が不倫サイトを利用しているのか、とても気になるところです。彼女の方も、私に対して、かなり良い印象を持ってくれたようなので、早速、又、来週、会うことになりました。

会うときまで、かなりドキドキしそうですが、この緊張感とトキメキも、不倫独特のもののような気がします。次に会えるのが、本当に今から、とても楽しみで仕方ありません。

不倫相手を傷つける場合

例えばセックスの最中に「好きだよ」と言った方が気分が盛り上がって興奮するからついつい疑似恋愛のような時間を過ごしてしまう・・・・という場合、それは相手を傷つける事になるかもしれません。不倫で一番罪が大きいのは妻に嘘をつく事ではありません。不倫相手の女性に嘘をつく事です。

例えば単身赴任の男性がいたとしましょう。赴任先では独身気分を味わいたいと左手の薬指から指輪を外して仕事をしています。そして開放的な気分で職場の女性と関係を持ってしまった。
この場合は相手はあなたの事を独身だと思っているわけです。
不倫をするのに抵抗がないという人もいてますが、やはり大半の女性は不倫には抵抗がありますから知らずに自分が不倫をしていたと気づけば当然傷つきます。もしくはこんな男性もいるでしょう。妻とはもう何年も上手くいっていなくて今離婚調停中なんだ。妻と別れる事が出来たら君と結婚したいと嘘をつくわけです。

この場合相手の女性は奪略愛という事になり、その事に対しては罪悪感を持っているかもしれませんが家庭を壊したわけではない、最初から家庭は壊れていたんだと自分を納得させているわけです。

そんな中男性が妻と子供と仲良く家族でクリスマスを過ごした・・・・なんて事実を知ればどう思うでしょうか?自分と結婚する気なんて全くゼロで、ただセックスをしたいがために女性に嘘をついたのだとすればそれは許される嘘ではありませんよね。
お互いが納得しているのなら不倫も問題ありませんが相手が納得していないのに嘘をついて不倫をするのは大きなトラブルの元になりかねません。

もちろん、不倫サイトや不倫掲示板などネットを介して始まった不倫でもこのような現実を突きつけられる場合は少なくありません。

不倫相手を選ぶコツはなし

会社で始まった不倫や不倫サイトで始まった不倫であっても、二人の間に愛があればいいんじゃないのって思いますけどね。不倫にもいろいろあって、身体目的なだけだったり、相手に強く言い寄られて断れなくてだったり、最悪なのがお金目的の不倫といったところでしょうか。

金の切れ目が縁の切れめならまだいいかもしれませんが、お金がなくなっても不倫をばらすぞとか、なんらかの弱みを握りながらお金を要求されたら、たまったものではありません。不倫という響きに憧れを抱いている人もいるかもしれませんが、不倫がいいんじゃないんです。相手次第ですよ。

相手選びを間違えると、袋小路に迷いこんでしまうかもしれません。また、不倫は相手がいてこそですが、相手が自分にべた惚れなら自分の都合に合わせてもらう感じで付き合っていけばいいと思いますし、楽だと思います。

だけど、自分が相手のことを手放したくない感じだと、やっぱり当然相手はだんだん調子にのってきますよね。不倫ということで、普通の恋人同士とかならできることが気軽にできなかったりと、実際ストレスが貯まるのも事実で。

そこに負い目を感じで、自分ができることがあるならなるべくわがままを聞いてやりたいなんて思うかもしれませんが、そういうのが好きだったり負担にならないならいいと思いますよ。だけど、基本的に不倫であっても関係はイーブンでありたいって人も多いじゃないですか。やっぱり不倫は相手次第なんです。

でも、文句ひとつ言わず静かな人だから選んだのに、別れ話を切り出したら豹変したって話も聞きますから、何を基準に相手を選んでいいのか、わからなくなってきますね。